2007年09月

新興市場、あした元気になぁれ♪(◕ฺ‿◕ฺ✿ฺ) ( ・ิω・ิ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランキング参加中
毎日[一票]いただけると光栄ッス!

投資ブログランキング
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告

週末のドル、ダダ下がり!

週末、金曜夜の午前0時くらいを境に、ドルやら、ユーロやらが、対円でダダ下がっております。まあ、見方を変えれば、円が高くなってるともいえますが、詰まることころは、「金融不安が再燃した」。。。と、そんなトコでしょうか?

キッカケは、これみたいですぞ!

[ニューヨーク 7日 ロイター] 午前序盤のニューヨーク外国為替市場は、ドルが大幅下落。8月の米非農業部門雇用者数が予想外の4000人減となったことが要因。同雇用者数が前月から減少に転じたのは4年ぶりで、住宅市場の低迷や信用収縮が経済成長の鈍化につながり始めたことが示唆された。



まあ、成長鈍化というよりも、サブプライム問題で、住宅業界の従業者が大量に首を切られたって言うのが実際かな? こういうトコ、アメリカは行動が早いよね!? 日本だったら、いくら会社の業績悪いからって、こうもスッパリ、首切れませんですわよ。

さて、ここから溢れた雇用を他の業界が吸収できるようなら、アメリカ景気も回復できるんだろうけど、どうなるのかな? 偉い人たち、口では強気なこと言ってるけど、真相はどうなることやら。。。

スポンサーサイト
ランキング参加中
毎日[一票]いただけると光栄ッス!

投資ブログランキング
【2007/09/08 07:26】 | 市況雑感 | トラックバック(0) | コメント(0)

「中国食品工業」が自己破産

9月1日20時34分配信 読売新聞

岡山市の海産物加工販売会社「中国食品工業」(岡将男社長)が岡山地裁に自己破産を申請し、破産手続きの開始決定を受けたことが、1日わかった。

 同社などによると、負債総額は約8億7500万円。同社は「『中国地方で一番』という決意で付けた社名だったが、中国産食品問題のあおりを受けた」としている。

 同社は、1948年創業で、つくだ煮や海産珍味を製造、販売。同社によると、ピーク時の2000年には、13億円5400万円の売り上げがあったが、ここ数年の取引先の経営不振や原材料費値上げなどで、業績が悪化していた。

 今年に入り、中国産食品の汚染が問題になり、スーパーなどとの取引が減少。この2か月の売上高は前年同期の15~20%減となっていた。



あらら~

中国といっても、日本の「中国地方」のことで、チャイナ関係ないのにね。。。

確かに、最近のニュースを見てると、「中国の食品」だと思ったら、オイラも遠慮したいよ。

まあ、社名うんぬんは、言い訳なんだろうけど。だって、最終消費者は、そんな社名を知る由もないハズでしょ? それに、ホントにヤバイと思ってるんなら、もっと早く社名を変えてるって!

ちなみに、上場企業の中で「中国」が付く会社は、

 ミサワホーム中国(株)
 中国塗料(株)
 中国工業(株)
 (株)中国銀行
 中国電力(株)

う~ん、本業はともかく、名前の印象が、胡散臭いような気がしてくるね。。。恐るべし、中国パワー!!

でもさ、何で今更になって、こんなにマスコミが騒ぐようになったのかな? だって、前から、中国は、相変わらずハチャメチャだったわけでしょ?

それが、最近、急に騒ぐようになった点が、ちょっと、何か意図的なものがあるのかな?なんて思うんだけど、それは考えすぎか。。。

単に、視聴率が取れることが分かったから、後追いしてるだけなのかも?!

ランキング参加中
毎日[一票]いただけると光栄ッス!

投資ブログランキング
【2007/09/02 02:15】 | チョロッと、つぶやき | トラックバック(0) | コメント(2)
| ホーム |
プロフィール

エイジ

Author:エイジ
10年越しの株プレイヤー

でも儲かり出したのは
つい最近。

2004年12月くらいから
確変突入か?!

1年5ヶ月の間に
おかげさまで
資産7倍に増えました。

もっとも、現在は、
そこまで儲けちゃ~
いませんけどね!

最近の記事

カテゴリー

RSSフィード

RSSリーダーへ追加

My Yahoo!に追加

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

access

ブログ検索

お役立ちリンク

このブログをリンクに追加する

相互リンク

BBS7.COM
MENURNDNEXT
エンサークルトレード FX 相互リンクSEOサーチ flash archives 不動産投資
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。