サブプライムローンは、 アメリカ経済の「はしご」なの

新興市場、あした元気になぁれ♪(◕ฺ‿◕ฺ✿ฺ) ( ・ิω・ิ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランキング参加中
毎日[一票]いただけると光栄ッス!

投資ブログランキング
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告

サブプライムローンは、 アメリカ経済の「はしご」なの

アメリカでは不良債権の買取機関を作るのが決まったけど、けっきょく、株価を押し上げたのは2~3日だけ。本日はその反動で強烈に反落しております。現在、売り坊のオイラにとっちゃ、一安心だけどね。

そもそも、買取機関を作ったからって、今すぐ効果を発揮するかは、微妙なんだよね。同様の方法が10年前の日本で効果があったのは、株価や実体経済が大底を打った後で行われたからであって、アメリカの経済は、まだまだ下り坂。ここで十分な効果を期待できるかって言えば、微妙なところ。「落ちる短剣」をつかむだけだよ。

相場の神様いわく、「リーマンブラザースだけでは、まだまだ生贄(いけにえ)が足りない」らしく、もっと多くの血が流れてからじゃないと、ほんとの景気回復は期待できないんじゃなかろうかと。。。 とくに、ムチャ貸しした銀行関係者の役員報酬を返納とか、刑務所送りとかが、あるべきだよね。

今では「サブプライムローン=悪」っていう雰囲気があるけど、ネットバブルが弾けたあとの米国景気回復を助けてきたのも事実。さらには、ここ数年の世界景気を引っ張ってきたのも、紛れもなく、「米国のサブプライムローン」であって、中国をまじめとした世界中の国々が恩恵を受けてきたわけだ。

しかし、いまとなっては、その原動力となったサブプライムは全く機能しないわけだ。。。

アメリカがこれまでの力を取り戻すためには、ネットバブルや、サブプライムのような、新しい仕組みを作り出さないと難しいのよ。。。 今は、株価が暴落したりしてる…のは事実なんだけど、そういうよりは、「本来の位置に戻っていく途中」といったほうが適切なのかもね。

サブプライムという「はしご」で、みんな揃って2階に上がったは良いけど、急に、はしごを外されちゃって、一部の人たちは「飛び降りるしかない!」ってのが、今の経済状況かな? 飛び降りるか、別のはしごを用意できないと、脚の骨を折ったり、中には病院送りになる人が出てくるのは、至極自然なことなんだよね。。。

スポンサーサイト

ランキング参加中
毎日[一票]いただけると光栄ッス!

投資ブログランキング
【2008/09/23 19:09】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<3期連続で最高益見通しの会社(笑) | ホーム | SQダマシ上げ&リーマン破綻コンボ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kaburitsuki.blog36.fc2.com/tb.php/369-2c7bc74d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

エイジ

Author:エイジ
10年越しの株プレイヤー

でも儲かり出したのは
つい最近。

2004年12月くらいから
確変突入か?!

1年5ヶ月の間に
おかげさまで
資産7倍に増えました。

もっとも、現在は、
そこまで儲けちゃ~
いませんけどね!

最近の記事

カテゴリー

RSSフィード

RSSリーダーへ追加

My Yahoo!に追加

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

access

ブログ検索

お役立ちリンク

このブログをリンクに追加する

相互リンク

BBS7.COM
MENURNDNEXT
エンサークルトレード FX 相互リンクSEOサーチ flash archives 不動産投資
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。