大証がオプショントレーダーに追い討ち

新興市場、あした元気になぁれ♪(◕ฺ‿◕ฺ✿ฺ) ( ・ิω・ิ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランキング参加中
毎日[一票]いただけると光栄ッス!

投資ブログランキング
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告

大証がオプショントレーダーに追い討ち

オイラは、日経225の先物もオプションも、まだやってない。

この辺もやれるようになっていたほうが、選択の幅が広がるとは思うけど…、トレードプランも立てずに参入しても勝てるわけ無いと思ってるので、後回しになってる。そんなわけで、いまはまだ研究中であります。

で、やりようによっては、オイシイといわれている「オプションの売り」。これは、期日が近づくにつれて、オプションのプレミアム分だけ価格が下がるのが普通から、一般的には、「買いよりも、売りが有利」なんて言われてる。

本来ならば、オプションと言うのは、「いくらで買う権利」「いくらで売る権利」を買うほうが主役なんだけど、売る人がいてこそ、売買が成立するわけで。まあ、ショート側の存在も大事ってもんです。

その、オプションですが、つい最近の暴落で、「プットの売り」してた人が、たいへんなことになってるらしい。もちろん、プットを売ってるんだから、暴落すりゃ大変には違いないんだけど、更に証券取引所のシステムが、彼等に追い討ちをかけている。

以下、ロイターより

<想定越す下げ、ヘッジ売り手段に限り>

 一方、10日のオプションSQ(特別清算指数)算出を控えて、株価指数先物・オプションのトレーダーらにも緊張が続いた。大証のルールでは、日経平均オプションの全限月取引において、ATM(アットザマネー、前営業日の日経平均に最も近接する権利行使価格)を中心に,原則上下8種類の権利行使価格が常に存在するように権利行使価格の見直しが毎日行われるが、SQの週だけは追加設定を行わない規定になっている。

 今回はSQ週に想定を超す株価急落が起きたことで、「9000円以下のオプション設定が足りなくなるという異常事態が発生した」(大手証券)。プットの売り方はパニック的に先物への大量のデルタヘッジ売りで急場をしのがざるを得なくなった。トレーダーの間では、こうした構造上の問題が前日の株価下落を加速させた要因のひとつとみている。



「ヤバイ!」と思ったときに、ある程度経験を積んだトレーダーなら、すぐに撤退を考えるけど、その「退路が絶たれていた」としたら、そりゃ、青ざめるってもんだよね!

「万が一」の自体は、たとえ1万回に一回でも、現実に起きうるわけで、そういうときのことも考えておかないと、痛い目にあうのは自分。確かに、大証も悪いと思うけど、それでもやっぱり、損をするのは自分なので、自分で逃げ道を確保するしかないんだろうね。。。

地震の備えじゃないけど、避難経路は日ごろから確かめておかないとね。まだ、そういうのが、自分は十分に分かってないんで、今はまだ、日経225先物、オプションともに、手を出さないようにしてます。(←言い訳)

スポンサーサイト

ランキング参加中
毎日[一票]いただけると光栄ッス!

投資ブログランキング
【2008/10/10 07:19】 | チョロッと、つぶやき | トラックバック(0) | コメント(0)
<<ドル円の気配逆転現象?! | ホーム | 歴史の教科書に載る暴落>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kaburitsuki.blog36.fc2.com/tb.php/373-02641e2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

エイジ

Author:エイジ
10年越しの株プレイヤー

でも儲かり出したのは
つい最近。

2004年12月くらいから
確変突入か?!

1年5ヶ月の間に
おかげさまで
資産7倍に増えました。

もっとも、現在は、
そこまで儲けちゃ~
いませんけどね!

最近の記事

カテゴリー

RSSフィード

RSSリーダーへ追加

My Yahoo!に追加

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

access

ブログ検索

お役立ちリンク

このブログをリンクに追加する

相互リンク

BBS7.COM
MENURNDNEXT
エンサークルトレード FX 相互リンクSEOサーチ flash archives 不動産投資
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。