ゼロ金利を考える

新興市場、あした元気になぁれ♪(◕ฺ‿◕ฺ✿ฺ) ( ・ิω・ิ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランキング参加中
毎日[一票]いただけると光栄ッス!

投資ブログランキング
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告

ゼロ金利を考える

 もう、いつからゼロ金利が続いているのだろうか。ぱっと思い出せないくらい、超低金利が当たり前になってしまいました。

 こんな切り口で考えたことはありますか?

 一昔前には、銀行にお金を預けているだけで、年利5%以上もらえた時代がありました。(この書き方、年寄りくさいな・笑)金利が5%もあると、貯金が5千万円ある人は黙って毎年250万円もらえたので、それだけで生活できます。お金持ちのお年寄りの場合には、金利分で生活しても、元手がまったく減らないので、ウハウハ!と生活が出来たものでした。孫についつい余計な物を買ったり、銀座でお酒を飲んだりできます。(ちなみに私はできません!孫もいません!)

 しかし今ではゼロ金利ですので、普通に銀行に預けていても、金利は雀の涙。5千万円でも、利息は50万円もらえるかどうかです。

 では、ゼロ金利だと得をしているのはだれか?それは、借金が多い企業です。支払金利が減るので、結果的に利益が増えて、損が減ります。金利が5%もあったら、とっくに債務超過になって潰れているような企業でも、これで生き延びられます。

 しかし、本来消費者の側に入っていた金利分のお金が、青色吐息企業のお財布に入っただけのことですから、社会全体トータルでは損得ありません。ただ高金利は強者の味方であり、低金利は弱者の味方になる傾向があるというお話です。

 奢ったお金持ちならパァッと無駄遣いしてくれますし、賢いお金持ちは将来の備えとして、有効にお金を投資してくれます。一方、クビが回らずイッパイ・イッパイの弱者は、お金が入っても右から左に、バトン・リレーのようにお金を渡しているだけです。

 さて、ここで問題です。誰の手にお金が渡ったほうが、社会全体としてはプラスになったのでしょうか? この答えを一言で書くのは難しいのですが、こういう視点で見てみるのも、株式投資には必要だと思います。

 正解は一つではありません。しかし「複数あります」というだけでも十分ではありません。「複数ある上に、更に同時進行中」なのが現実です。ホント難しいです・泣。

 日本人同士でお金を取り合っている内は良いのですが、ふと気づくと、外人さんにゴッソリと持って行かれた・・・というオチだけは勘弁して欲しいとか、思ったりするのです。ともに頑張りましょうぞ。

スポンサーサイト

ランキング参加中
毎日[一票]いただけると光栄ッス!

投資ブログランキング
【2006/03/01 13:22】 | 市況雑感 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<Yahoo!掲示板のウザイ広告撃退法! | ホーム | また為替が不穏な動きを>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kaburitsuki.blog36.fc2.com/tb.php/60-03759d79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

エイジ

Author:エイジ
10年越しの株プレイヤー

でも儲かり出したのは
つい最近。

2004年12月くらいから
確変突入か?!

1年5ヶ月の間に
おかげさまで
資産7倍に増えました。

もっとも、現在は、
そこまで儲けちゃ~
いませんけどね!

最近の記事

カテゴリー

RSSフィード

RSSリーダーへ追加

My Yahoo!に追加

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

access

ブログ検索

お役立ちリンク

このブログをリンクに追加する

相互リンク

BBS7.COM
MENURNDNEXT
エンサークルトレード FX 相互リンクSEOサーチ flash archives 不動産投資
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。